卒業生VOICE Graduate’s voice

業界で活躍する卒業生に、あんなことやこんなことを聞いてみました!

abic在校生の声もあわせてご覧ください。

OB VOICE

学生時代、よく見ていたファッション雑誌。気に入ったヘアスタイルや、かっこいいと思う美容師さんを探っていくと、必ずといっていいほど「SHIMA」が関わっている。「SHIMA」は、「業界で知らない人はいない」と言われるほど、確かな技術力が定評の有名サロン。いつからかここで働くことが、自分の目標になっていました。Abicの後押しもあったおかげで念願かなって、このサロンに就職させていただくことになりましたが、まだまだスタートをきったばかり。ときには、先輩から手直しされることもありますが、疑問に思ったことは理解できるまでとことん聞き、一つひとつ確実に身につけるようにしています。お客さまにとって、髪の特徴や状態を把握してくれる美容師さんを見つけることは、ヘアスタイルをキレイにするうえでとても大切なこと。「この人なら、絶対にかわいくしてくれる! 信頼できる!」と、思ってもらいたいですね。

もともと私は、人見知りするタイプで、引っ込み思案な性格でした。しかし、Abicに通い始め、初対面でも気軽に話しかけてくる気さくな友人たちやとても話しやすい先生方に囲まれているうち、いつのまにか人見知りしなくなっていきました。そして、学科のテストで3位以内になる、コンテスト前には、カット練習は1日3回以上やるなど、なにごとにも目標を持って積極的に取り組むように。アシスタントとして働く今は、サロンに訪れるお客さまに楽しい時間を過ごしていただけるように心がけながら仕事にあたっています。そのためにも、知識や技術、コミュニケーションなど、今しか学べないことを、一つひとつ積み重ねていきたいです。先輩の方々のように、どのお客さまからも、安心して相談してもらえる存在になりたいですね。

私の仕事は、衣裳合わせと接客です。数ある衣裳の中から、お客さまにあった衣裳を提案させていただいています。新郎新婦さまはもちろん、ご家族や友人の方々にも喜んでいただける、やりがいのある仕事です。みなさんの笑顔を見ていると、私まで幸せな気持ちになり、この仕事を選んで良かったと思います。結婚式当日には、私たちは同席しませんが、結婚式の報告をしてくださったり、お手紙をいただいたり…。「畑さんにお願いして良かった」と、お褒めの言葉をいただけると嬉しいですね。お客さまと深くかかわることができる素敵な仕事だと思います。

学生時代に参加したワインディングのコンテスト。サロン代表として参加していた当店の先輩に憧れ、今のサロンに就職することに決めました。ここでは、お店の基準に達していれば1年目からでも、自分でモデルハントしてきた人に施術をすることができます。また、コンテスト出場にもとても意欲的です。1年目の私ですが、すでに5つの大会に出場し、どの大会でも賞をいただき、良い結果を残せています。そして、来年には、ワインディングの講師としてAbicで授業を行うことも決定しています。こんな形でお世話になった先生方に恩返しができることに、喜びを感じています。

Abicで学んだ基礎知識や皮膚理論。この知識があるからこそ、施術の組み合わせを何通りも考えることができ、お客さまに良い結果を出せるのだと思います。目標をクリアしたときは、お客さまと抱き合って喜びを共有していますね。「今度の目標は何にしよう?」と相談されると、こちらも楽しくなってきます。今後の目標は、エステの国際資格を取得すること。国際試験に合格し、「ゴールドマスター」という称号を取得できるよう、毎日勉学に励んでいます。私が働くこの会社は、国際資格のINFA取得を推奨しています。自分のスキルアップのために、そして、学んだ知識を活かした技術で、お客さまにもっと喜んでいただきたいと思います。

目はその人の第一印象を決める顔の大切なパーツ。マツゲのデザインを変えるだけで印象はすごく変わります。学生時代、友人がマツゲエクステで印象が変わって驚きました。授業でもマツゲエクステを学ぶことがあり、より興味がわきましたね。「一人ひとり、マツゲの向きや量がこんなに違うんだ」と実感しています。キレイで印象的な瞳、誰でも憧れますよね。abicでは2年次の専門コースや豊富な選択授業でいろいろな経験ができてよかったですね。体験をしたうえでアイリストになろうと決められましたから。サロンオーナーもabicの卒業生で優しい先輩です。

「so many hair」 「so many smile」 「so many happy」。 たくさんのヘアスタイルから、たくさんの笑顔、たくさんの幸せが生まれますように! そんな願いをこめて、2014年「MANY」をオープンしました。店舗は、大好きな海、アメリカ・カリフォルニアをイメージ。津市のカリフォルニアと思っていただければ…。これからひとつの店舗として「MANYブランド」をじっくりと確立していきたいですね。オープン時には、abicの同級生がお祝いを持って来てくれました。普段から、飲みに行ったりして、情報交換をしています。お互いにアドバイスしあったりと、ずっと交流は続いていますね。

「今の自分にやれることは全てやる」というのが、僕のポリシー。お店のパンフレット・ホームページ、内装、ヘアカタログの出版、サロンプロデュース、シャンプー・トリートメント開発、サロンワーク、コンテストなどなど、こだわりを追求しながら、全力疾走してきました。高齢者を対象に、全国無料カットの旅にも行きましたね。とても楽しかったですよ。こんなふうに、僕が全力で活動できるのは、スタッフに恵まれているから。僕がパワー不足のときは、スタッフがいてくれる。スタッフが悩んでいれば僕が助ける。そんな繰り返しのなかで、人とのつながりが深まっていくのだと感じています。この仕事は、チームワークでのサービスです。これからも、スタッフとともに成長していきたいですね。